スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Billu Barber』

インド映画の感想です。

今週日曜日に一度見たのですが、なかなか良かったので今日はお友達を道連れに
2度目の鑑賞をしてきました。

mt066469H1.jpg

まず、驚いたのはシャー・ルク・カーンがタイトルロールを演じていないということです。
この映画はダブルヒーローの作品と言ってもいいのでしょうか。
平凡な床屋さんBilluを演じるイルファン・カーンが主役で、シャールクは特別出演。。?
といっても、シャールクが画面に出ている間は完全に彼の映画でした。
特にダンスシーンと音楽が良くて♪
またシアターへと足を運んだのでした。
要所要所に彼の過去の作品のポスターや映画の一シーンが登場していたのは
懐かしくも嬉しいファンサービスですね。

一方のイルファン・カーンはこの作品以外に『Namesake』『Slumdog Millionaire』と見ましたが、演技力、存在感ともに素晴らしい俳優です。
シャールクにも全く引けを取らず、ダンス・アクションなしでも見ごたえのある俳優というのは
インド映画ではとても新鮮に感じます。
寡黙だけど芯の強い、誠実で温かい人、良き夫、良き父を演じたら右に出る人はいないのではないでしょうか。

そしてシャールク演じるサーヒルの挙動、セリフはかなり現実を意識しいるように思います。
”撮影を近くで見られなくてごめんね”とか“スターも仕事を離れれば一般人なんだよ”という言葉は役を通してスターからファンへ伝えたいメッセージなのでしょう。
ファンへの対応、一般人への対応、無理なお願いをしてくる迷惑な人へも真摯に対応する姿や映画産業に従事する誇り、共演者たちを”ファミリー”と思っていること等々、言葉の一つ一つに重みがあったように感じました。

もう一つリアルに感じたのはBilluをとりまく素朴なインドの人たち。
小さな噂が噂を呼び、妄想ふくらみいつの間にか町中あげて大騒ぎになっている
というのは私の中では”これぞインド。。”って思ってしまうパターンです。
身近に一人”自己中かつ人の迷惑を考えない、しつこい人”がいるので。。。
(現実にはそんな人ばかりじゃないとは思いつつ妙に納得。。な感ありでした。)

ドラマとともに”娯楽度”を盛り上げていたのはシャールクはもちろんのこと
豪華な女優陣(ディーピカ、カリーナ、プリヤンカ、ララ)&ダンス&音楽です。
あのビートのきいたフィルミーソングが頭から離れません。
振付はファラー・カーンなのでハズレはなし。彼女は本当にいい仕事しますよね。
製作陣の顔ぶれが超豪華なところもこの映画の魅力だと思います。

今年も沢山の映画がやって来るのでしょうが、まずは心に響く一作品となりました。
気がついたら早くも『Delhi-6』が公開。
ああ。。行かなきゃね。
最近なんだか週末が忙しいです。
      
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

楽しかったです♪

こんばんは。
今日はお誘いいただきありがとうございました。

スター☆役の人、踊りも歌も上手でしたね。R君が彼のファン(?)なのも頷けました。(多分)
”撮影を近くで見られなくてごめんね”とか“スターも仕事を離れれば一般人なんだよ”なんて台詞があったんですね。字幕についていけなかったのか眠っていたのか・・・
いいシーンや心に響く言葉を随分見逃したかもしれません(涙)

床屋さん役の彼は、いい演技をしていましたね。人間的にカッコイイ男性でした。

そして、インドの女性は美しいですね。世界中で一番きれいだと言われている理由もわかりますね。ただ、年配の女優さんに綺麗な人がいないのはなぜかしら?日本には、おばさんになっても綺麗な女優さんがいっぱいいると思うのですが。

よかったです^^;

こんにちは!昨日はお付き合いいただき&車を出して下さりありがとうございました♪
”突然踊り出してビックリしないかしら。。”なんてドキドキしていました。
長いから疲れたでしょう^^;

字幕を読みながらだと(消えるの早いんですよね)詳細がわからないことも多いので事前にストーリーはチェックしていくんですよ。

インドは”美人”には不自由しませんね。
最近はお年を召してもきれいな方が増えてきましたよ~。

Billu役の人は味があって渋さの素敵ないい俳優さんですね。
この先どんな役を演じるのか楽しみです。
またいい作品があればお誘いさせて下さい♪

ナマステ!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。