スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Je suis ton ange de musique.

先週はゆっくり本を広げて勉強する時間が取れませんでした。
毎日予定が二転三転して落ち着かなかったのです。

なので気分を変えてみようと『オペラ座の怪人』を見てみることにしました。
フランス語吹き替え&フランス語字幕で、です。

といってもただ鑑賞するだけ、レベルですけどね。

会話は速くて全然聞き取りが出来なかったのですが、
歌の部分はなかなかよかったです。
普段どうやって発音するのか不明だった単語の音やリエゾンの部分を
ゆっくり聞くことができました。
(誰が歌っていたんだろう。。)

で、改めて思ったこと。
英語とフランス語は近い。
吹替の口の動きも全く違和感がないし、そもそも同じような単語が沢山出てくるわけです。

"I find The phantom of the opera is there, Inside my mind"

"Je sais que le Fantôme de l'Opéra est là,en moi."


"Past the point of no return"

"Passe le point de non-retour"
です。
ほとんど同じといってもいいくらいですよね。

学習書&学習CDはどうも眠気を誘うので、映画だと刺激があって楽しいです。

さて。。残念ながらこの週末フランス人の友達とは会えなかったのですが、
メールにちょこっとフランス語を混ぜてみたらフランス語で返信が来ました。
全部英訳付きで。

その返事をどうしようか。
英語を考えてから訳してもいけそうな気もしますが。
明日格闘してみよう。
 
スポンサーサイト

テーマ : フランス語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

COMMENTS

フランス語

こんばんは。
まだフラ語を習い始めて一ヵ月もたたないのに、リエゾンの部分までわかってしまうなんて、すごいです。さすがはJasminさんです。
英語とフラ語、並べられると確かに似通っていますね。
スペイン語もこんな感じで似ているから、メキシカンはしゃべるのが上手なんでしょうね。

昨日はお友達に会えず残念でしたね。
お返事はもう書きましたか?日本語→英語→フランス語と考えるのかしら・・・?

sunnyさんへ

いやいや。。全然進みませんよー。
語尾の子音の始末がまだよくわかりません。
地道にやるしかないですね。
今のところlearn French through Englishなので日本語を介さないようにしています。

結局メールは英語とローマ字日本語のみにしてしまいました。
翻訳サイトに頼るのもくやしいでしょ^^;
動詞の使い方に慣れないと文章書けませんね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。