スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエ

昨日はバレエクラス10回中5回目のレッスン。
気がつけばもう半分~。
今のところ唯一の貴重なエクササイズです。

が、昨日は大変な思いをしました。
ちょっと散策に。。とPalo Altoのダウンタウンへ行ったのはよかったのですが
帰りの電車が目的地のひとつ手前で突然停止。

みんなと一緒に電車を降りてみると、事故があって運転再開は未定とのこと。
(と想像。。←車内放送はよく聞き取れなかった。。)
バス停の場所もわからず、次々と人が去って行くので私も歩くことにしました。
歩道のないExpress Wayを延々30分。。

今朝新聞を見てみたら、1本前の電車が人をはねた。
とのことでした。

バレエには何とか間に合った。。


で、そのバレエについて。
経験者向け、ではなくバレエをやったことがない人向け、の内容。
年齢層は高め。
日本人はたぶん私ひとりで、あとは中国人、インド人、アメリカ人。。でしょうか。
登録数は18名。だいたい11~15人参加です。

先生の話す英語はサッパリわかりません。
バレエに関する事なら察しがつくので全然困らないのですが、
直で指示が来ると。。は?って止まっちゃう。
バレエ用語以外は聞き取れない。。。

1時間のクラスなので、内容はシンプル。
昨日のメニューです。

ストレッチ(オリンピックの開会式みたいな音楽に合わせて)
プリエ(ベートーベンの月光)
タンデュ(メヌエット)
グランバットマン
ピケ&ピケターン
レヴェランス

最初の回はストレッチ、プリエ、タンデュ、歩き方、走り方、シェネ、レヴェランスでした。
2回目はグランバットマン、走りの最後にグランジュテ追加
3回目は欠席
4回目はスス、エシャッペ、ピケ追加

てな具合です。
メニューが少ない分混乱はないようです。
日本の教室だと初心者でも一応プリエからグランワルツまではだいたい通すでしょ?
わからないままなんとなくやってるから、いつまで経っても覚えられないんだよね。

少しずつやってメニューを増やしていけば頭に入りやすいのかも。

もう一点、日本と違うのは褒め言葉が多いこと。
グッジョブ~!
ゴージャス!レイディース!(←これが一番お気に入り)
等々、やはりここはアメリカ!と思う瞬間です。

タンデュ以降のメニューは”intermediate向け”に別メニューを与えてくれます。
グランバットマンはセンターで前横後横、とかピケターンはシングル、ダブル、等々。

で、延々回っていたところ。。。

トントン、と肩をたたかれました。

振り返ると、教室の中で最も美しい!スタイル抜群で、細く長い脚をミニスカートから惜しげもなく見せている金髪のバレリーナ。(バレエ団員かと思ってたの。。)

「ねぇ、ピケターンてどうやるの?」

とのご質問でした。
あ。。知らなかったのね。。。
Intermediateのメニューをやっていたいたから経験者なのかと思ってた。。

「手を使うの。まず右手を開いて左手で追いかけるの」

と言ったつもりが英語がまずかったか。。
上手く通じなかったので手取り足取りで伝えると、なんとか回ってました。

ほっとして練習に戻ると、しばらくして再び肩をトントン。

振り返ると先ほどの彼女。

「ねえ、ダブルを入れるにはどうしたらいいの?」と。

あまりにも無垢な表情で質問されたので、私の方が戸惑ってしまいました。
普通はダブルなんてなかなか出来ないんだよー。
どうやって説明しよう。。
う~ん。。。言葉が見つからない。。。

と苦し紛れに「Look at the point two times」と口から出てきました。
何て言ってあげればよかったんだろう?
ぐにゃ~っとなりながらダブル入ってましたけど。。
その後も嬉しそうに練習してました。

レッスンの最後は白鳥の湖に合わせて先生が簡単な振り付けを考えてくれました。
ラインやサークルになりながらパドブレ、カンブレ、グランジュテ。
初めてのバレエ音楽でした。

終了後に靴を履き替えていると先ほどの彼女が
「ピケターン教えてくれてありがとう!」「名前はなんていうの?」
と話しかけてきました。
自己紹介はしたもののしばらくたってから「You are welcome.」というのがやっと。。

彼女は笑顔がとてもステキ。。声もかわいい。
あ~。。これからも色々聞いてくるんだろうか。。
他にもインド人が何人か「ピケターンすごいね!」と言ってきてくれたんだけど
恐縮するやらなんと返答してよいのやら。。

雑談の方が大変ね。。

そんなわけで刺激の多い時間となりそうです。
  
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

レッスンより雑談が楽しそうですね~(笑)
誉められたらTha---nks!でいいし、得意なの♪とか回るの好きなのよ!とかどんどん自慢しちゃって~!
先生にも強気で!"I didn't get it""What did you say?"とか言っちゃっていいと思います。
英語が分からないことは悪いことでも恥ずかしいことでもないんだから
「私が分かるようにしゃべってよね。」ぐらいの気持ちで、バレエ楽しんでくださいね。

No title

本当!

バレエよりも雑談が大変そうですね ^^
バレエ教室も「英語の教室」になってるみたいですね♪

しゅら雪さん

いや~ドキドキします。おしゃべりは。
でもわからないままにしとくと会話続きませんよね。
積極的に聞きます!ありがとう★

ピケの時にダブルを回れ、と言われて中国人の女性が
「言うのは簡単だけど、実際やるのは難しいのよ!」と先生に言ってました。
先生苦笑い^^;。

困ることが上達の第一歩ですね。
楽しくやります♪

musikaさんへ

そうなんです。英語学校でも授業中より休み時間の雑談の方が
何倍も疲れるんですよ!
お互いたどたどしい者同士だと気楽なんですけどね~^^;!

No title

さっすが、回りものの得意なJasminさん!^^
でもダブルってほんと、やる機会ないですよね~、なかなか。

私はただでさえ、金髪美女ににっこり話しかけられたらドキドキしちゃいそうだけど、そのうえお喋りを求めてくるのかぁ・・・。
しかもバレエ会話は、日常会話じゃおっつかない部分もあるし・・・。
二重の意味でドキドキですね(?)v-33

なつさんへ

そう、バレエを説明する英語、おしゃべりの英語、二重ですね。
とっさに、となると頭真っ白ですよv-12
いつもあとで考えて“こう言えばよかったなぁ”って思う。

出国して以来本格的なレッスンはやっていないので、体のあちこちが“お留守”状態です。
レオタード一回も来てないもん^^;
あ~バリエーション踊りたい!
回転ものいっぱい練習したい!(得意ではないですよー。でも大好き!)


COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。